クレジットカード 残高 不足

引き落とし日に、支払額が足りていない!

銀行の通帳

 

クレジットカードでのショッピングやキャッシングって、とっても便利ですよね。

 

ですが、クレジットカードの引き落とし日が来たのに、銀行口座の残高が不足していて、引き落としができなかった!

 

そんな場合は、どうすればいいのでしょうか。

 

そこで、このサイトでは、残高不足の時の疑問や、対処の方法についてまとめてみました。

 

その疑問と対処法がこちら!

 

まず誰もが気になるのが、次のようなことではないでしょうか。

 

  • いつまでに支払えば、問題にならないのか
  •  

  • クレジットカードは利用停止になってしまうのか
  •  

  • 延滞金を支払う必要があるのか
  •  

  • 信用情報機関で事故情報として、金融機関の共有リストに記録が残ってしまうのか
  •  

  • 残高不足のときの、具体的な対処法

 

これらの答えは、クレジットカード会社によって異なってきますが、一般的には、クレジットカード会社より通知や連絡があり、そちらで指定された期日までに入金できれば、延滞金は発生しないケースが多いようです。

 

ただ、その間、クレジットカードが利用停止になってしまう会社も多くなっています。その場合、電気・ガス・水道をはじめ自動引き落としになっている支払いが全て、引き落とし処理できずに未納に!

 

 

クレジットカード払いにしているもの

 

 

口座引き落としができないとなると、個別に銀行振込をする手間など多大な面倒が生じますので、できるだけ早く入金し、利用停止を解除したいところです。

 

指定期日までに入金できないと…

クレジットカード

 

指定する期日までに入金できない場合は、クレジットカード会社から電話がかかってきて「いつまでに支払えるか」を確認されます。

 

そして、支払われない状態が続くと、督促状や遅延損害金の上乗せなど、問題が複雑化していきます。

 

 

クレジットカードの期日の推移

 

 

また、たとえ、銀行口座の残高不足がうっかりミスだとしても「延滞」として、カード会社の内部情報データには記録して残る場合があります。

 

さらに、支払いがされない状態が続くと個人信用情報機関に事故情報として記録されてしまい、他のクレジットカード会社でもカードを作れませんし、金融機関からお金を借りることも難しい状態になってしまいます。

 

今は関係ないと思っていても、車や住宅ローンなど、その時になって困ることもありますので、できる限り早く支払うようにしましょう。

 

では、どうすればいいの?

ATM

 

では、クレジットカードの残高不足で引き落としができないとわかった場合、どうすればよいでしょうか。

 

うっかりミスなどですぐに入金できるようであればよいのですが、指定期日までに支払いができないようであれば、取り急ぎ、家族や金融機関からお金を借りて支払っておくというのが安心です。銀行系列のキャッシング業者やカードローンは人気も高いです。

 

 

クレジットカードの支払い

 

 

「でも、クレジットカードの支払日が今日なんだけど…」

 

そんな方のために、最短、当日中に指定の銀行口座に振込してもらえる業者を以下にまとめておきます。ただし、15時以降や土日の振込みは翌日扱いとなるので注意が必要です。

 

その場合、審査通過後に、直接、自動契約機に行って、専用カードをその場で発行することもできます。このカードを利用すれば、その場でお金を受け取ることができますので、自分で銀行口座に入金できますね。

おすすめキャッシング・銀行カードローン

 

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

 

テレビCMでもお馴染みのアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループですので、初めてお金を借りる人も安心。また、アコムがはじめての方なら、契約日の翌日から30日間は金利0円(※1)ですので、翌月の給料日に返済すれば金利の負担がありません。

 

急な申込みの場合でも、最短30分で審査の回答、最短1時間で融資!(※2) はじめでても来店不要で融資が可能な、振込による借入も利用できます。また、自動契約機のむじんくんは、知名度も抜群ですよね! とにかく、急いでいるという人におすすめです。

 

 

アコムの詳細はこちら

 

 

※1 30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで返済期日「35日ごと」で契約された方のみ
※1 無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外
※2 即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

三井住友銀行カードローン

 

三井住友銀行のATMのほか、ローソンATM、セブン銀行ATMなども利用可能です。もちろん、三井住友銀行に口座がなくても、カードローンを申し込めます。

 

審査結果の連絡は9時〜21時までで、申込時間等により、連絡が翌日以降になる場合があります。

 

 

三井住友銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

みずほ銀行カードローン

 

最大ご利用限度額がカードローンの中では高く設定されているのが、みずほ銀行カードローンの特徴です。WEBで完結申し込みが可能のため、来店・郵送が不要というのは忙しい人にとって嬉しいポイントです。

 

もちろん、みずほ銀行に口座がなくても申し込めます。
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

 

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

 

 

時間の経過を追って見てみよう! 残高不足のときの対処法や雑知識を紹介

 

クレジットカードとお金

 

ではあらためて、引き落とし口座が残高不足だった場合の対処法などを確認していきましょう。

 

整理しやすいように、引き落とし日の当日から、時間の経過を追いながら紹介していきます。

 

引き落とし日の当日に入金しても間に合うの?

はっと気がついたら、クレジットカードの引き落とし日の当日だった! 銀行はまだ開いているけれど、振り込みは間に合うかな……?

 

こんな経験をした方、多いのではないでしょうか? 確かに、前日までに口座の残高を確認しておくのが正しいのですが、うっかりは誰にでもあるもの。当日に手続きすれば延滞扱いにならずにすむのか、気になるところですよね。

 

引き落とし処理は、何時に行われる?

これは、クレジットカード会社が契約している銀行の処理時刻によって違うのですが、

 

  • 日付が変わった直後
  • 銀行の営業時間が始まる前
  • 深夜または朝のうちに処理が完了するが、当日の間に何度か引き落とし処理が行われる

 

だいたい、この3パターンになるようです。3つ目のタイプであれば、当日の振り込みでも間に合うのですが、前の2つだと、当日振り込みでは延滞扱いになってしまいますね。

 

でも、どのタイミングで引き落とし処理が行われるのかは、カード会社や銀行に聞いても防犯上の理由から教えてくれないことがほとんどです。しかも、セキュリティのために、処理時刻は定期的に変更されるので、苦労して聞き出したとしても役に立たない可能性もあります。

 

当日振込みについては、カスタマーセンターに確認しよう

そこで、引き落とし日に残高不足に気がついた場合は、クレジットカードのカスタマーセンターに電話をして、直接確認するのがおすすめです。その際は、

 

「口座にお金を振り込んでおくのを忘れたんですが、今日中に振り込めば間に合いますか?」

 

と、はっきり聞いて大丈夫です。カスタマーセンターのスタッフは延滞関係のトラブルには慣れていますから、理由を問いただされたり、電話口で叱られたりする心配はありませんよ。

 

カスタマーセンターでは主に、以下のいずれかの方法を案内されると思います。

 

  • 再引き落とし日までに口座に入金しておく
  • 銀行の営業時間内に引き落とされる口座に入金しておく
  • 銀行の営業時間内に、指定の銀行口座に振り込む

 

2、3番目の方法を案内された場合は、当日中に入金すれば延滞にならずにすむことになりますね。1番目を案内された方は、残念ながらもう処理が終了してしまったということです。

 

ちなみに、わたしも引き落とし日にカスタマーセンターに問い合わせた経験があります。そのときは、「今日中に入金すれば間に合うと思いますが、指定の銀行口座に振り込んでもらえれば、確実に処理されますよ」と、ていねいな案内をもらいました。

 

カスタマーセンターへの連絡はちょっと気が重いかもしれませんが、こういう貴重な情報を得られることもありますので、電話での確認がおすすめです。

 

支払いが延滞になってしまったときのペナルティ

クレジットカードの裏面

 

冒頭で述べたように、延滞になってしまっても、すぐにはペナルティは発生しません。まずはカード会社から再引き落としの連絡があるので、指定された期日までに口座に入金しておけば、請求額が自動的に支払われることになります。この猶予期間のことを、グレースピリオドといいます。

 

しかし、再引き落としの日に入金が間に合わなかったり、口座が残高不足になっていると、これはペナルティの対象になってしまいます。ペナルティには

 

  • カードの利用停止
  • 遅延損害金の請求

 

などがあります。

 

カードの利用停止

ショッピングやキャッシング、公共料金の支払いなど、クレジットカードでできることが全部ストップします。カードを複数枚もっている場合は、支払いが延滞になっているカードだけでなく、契約しているカードがすべて利用停止になってしまうことが多いです。

 

クレジットカードの支払い状況は、信用情報としてカード会社全体で共有されています。そのため、あるカードがペナルティになると、その情報は他のカード会社にも伝わります。カード会社は、自社が契約しているカードが未納になったケースに備えて、予防策として利用を停止しておくわけです。

 

支払ってもすぐにカードが利用できるわけではない

利用停止のペナルティは、未納になっている請求額を支払えば解除されます。ただし、支払ったらすぐにカードが使えるようになるわけではありません。ペナルティ解除の処理は、一定期間をおいてコンピューターで一括処理されるようなのです。なので、支払いが済んでも処理日がくるまではカードが利用できないことになります。

 

公共料金の場合は生活に直結しているので、電気や水道が止まっても支払えばすぐに使えるようになります。クレジットカードの場合は、不便ではあっても使えないからといって生命が脅かされるわけではないので、いわば処理が悠長なのですね。

 

いつごろ使えるようになるかは、カード会社に問い合わせるとわかります。

 

遅延損害金

延滞による罰金のことです。ビデオレンタルの延滞料というとわかりやすいですね。

 

注意しなければいけないのは、遅延損害金は引き落とし日の翌日から日割りで課金されることです。前述したように、カードの支払いは一度残高不足になったとしても、再引き落とし日までに口座に入金があれば、とりあえず問題は起こりませんでした。

 

でも、ペナルティが課せられると、支払いの猶予期間は差し引かれず、さかのぼって罰金を支払わなければいけなくなるということです。遅延損害金はショッピングやキャッシングなど、通常の利用料金と一緒に請求されます。請求は、延滞した月から2〜3ヵ月後になることが多いです。

 

延滞から請求まで少しブランクがありますから、忘れないようにしてください。

 

遅延損害金の計算方法
ショッピング

未払いになっている請求額に年利を掛け、365日で割った金額が、1日あたりに支払う遅延損害金です。

 

現在、年利は14.6%が上限と規定されていますので、この利率で計算してみましょう。

 

例)……請求額10万円、引き落とし日から15日経過して支払った場合

 

「〈(100,000円 × 14.6%) ÷ 365日〉 × 15日 = 600円」

 

キャッシング

ほとんどのクレジットカードにはキャッシング機能がついていますが、キャッシングを利用している場合は、より高額な遅延損害金が発生します。

 

計算方法はショッピングの場合と同じです。キャッシングでは、現在ショッピングの年利上限の1.46倍、26.28%が上限と規定されていますから、これでキャッシングの遅延損害金を計算してみましょう。

 

例)……借入残高10万円、引き落とし日から15日経過して返済した場合

 

「〈(100,000円 × 26.28%) ÷ 365日〉 × 15日 = 1,080円」

 

 

ショッピングの場合もキャッシングの場合も、金利はカード会社によって変わります。延滞の際の金利は、カードの利用規約を確認してください。

 

残高不足があるとすぐにペナルティになることも

既に解説したように、たいていのカードにはグレースピリオドが設定されています。でも、残高不足による引き落とし不可が1年に数回もあったり、または2ヵ月、3ヵ月と連続で残高不足が続くと、再引き落とし日を待たずに一発で利用停止になる可能性があります。

 

クレジットカードは、「利用した料金は契約者が必ず返済する」という信頼のもとに契約が成り立っています。でも、残高不足や未納が繰り返されると、契約の大前提が成り立たなくなります。

 

クレジットカード会社としても「料金を支払う意思に欠けている」と判断せざるを得なくなりますから、残高不足が確認されるとその時点で、損害がこれ以上大きくならないようにカードを停止してしまうわけです。

 

再引き落としがあるから、と油断しているといきなり停止、ということもありますよ。注意してくださいね!

 

残高不足やペナルティの情報は残る?

オペレーター

 

キャッシングの借り入れや返済、クレジットカードの滞納してしまった記録は信用情報機関に残ります。

 

わたしたちが、銀行や消費者金融から融資を受けたり、クレジットカードで買い物をしたりしてキャッシングを利用すると、その情報はすべて信用情報機関にストックされます。(クレジットカードも短期のキャッシングです) 

 

クレジットカードの場合は、引き落としが正常に完了したか、または滞納があったかが、月ごとに特定の記号で記入されます。

 

つまり、滞納するとその情報が残る、というよりは、月々の支払い状況がすべて記録されるシステムになっているため、滞納があるとその情報も必然的に残る、といった方が正確です。

 

支払い状況の記録はだいたい2年間、情報機関に保存されますから、滞納があると2年の間は新規のクレジットカード契約やローン契約、キャッシング契約を結ぶときに影響がでる可能性がありますね。

 

このあとで解説しているような、もっと深刻な返済トラブルがあった場合は、記録の保存期間は5年間に延びます。

 

ただ、滞納の情報がどの段階で記録されるのかは、はっきりわかりません。再引き落とし日に支払いが確認されず、そのあとの督促も無視していると記録されるケースもありますし、引き落とし日を1日でも過ぎると待ったなしで記録されるケースもあるようです。

 

カード会社によって対応が異なるので、こんな状況になったら、と言い切ることはできないのです。心配な方は、信用情報機関に問い合わせて、信用情報を開示してもらうとよいでしょう。情報機関は

 

  • CIC
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

 

この3つがありますが、情報開示の方法は各ホームページに載っています。本人の請求であれば簡単に開示してくれますよ。

 

残高不足が続くとどうなるの?

裁判所

 

再引き落とし日までに入金がないと、カードの利用停止や遅延損害金といったペナルティが発生するところまでは解説しましたが、そのあとも口座の残高不足が続くと、どうなるのでしょう?

 

経済的に苦しいので支払いができないとか、支払いのことをまったく忘れて、放置してしまったといったケースが考えられますね。

 

未納状態が続くと、

 

①自宅または勤務先に督促の連絡がくる
  ↓
②カードの強制停止(前述の利用停止よりも一段厳しい対応です)
  ↓
③催告書による一括返済の請求
  ↓
④裁判所からの催告
  ↓
⑤裁判所による給与などの差し押さえ

 

という流れになります。

 

実際は、クレジットカード会社が差し押さえのような厳しい措置を取ることはまれで、書類や電話による督促を続けることの方が多いようです。裁判所に対応を依頼するのも手間と費用がかかりますから。

 

ただ、こういうリスクが潜在的にある、ということは覚えておいた方がよいと思います。

 

残高不足にならないための予防法

手で持ったクレジットカード

 

定期預金の口座をつくる

普通預金の口座に加えて、定期預金口座を作成することによって、なんと残高不足による引き落としミスを防止できます。

 

普通預金の出金時に残高不足が発生した場合、同一口座内の定期預金を担保に、足りていない金額を借り入れできる、当座貸越という仕組みが、銀行には用意されています。自動的に行われるため、定期預金をつくっておくだけで、残高不足を防げるというわけです。

 

定期預金口座に入れておく金額ですが、クレジットカードで日常的に引き落とされる額より、すこし余裕をもっておくと安心ですね。

 

クレジットカードはできれば1枚にまとめる

クレジットカードを複数枚契約して、使い分けている方は多いですね。ポイントを集めたいから、または利用特典があるからといった理由のようですが、クレジットカードはカード会社にって引き落とし日が異なるため、何枚も利用していると管理しきれなくなるリスクがあります。

 

各カードの利用額、口座の残高、引き落とし日を正確に把握するのは大変ですから、ショッピングや公共料金の引き落としは、できれば1枚にまとめましよう。

 

クレジットカード会社からのお知らせ機能を利用する

ほとんどのカード会社では、月の利用額をお知らせするサービスを行っています。それをチェックすれば、次の引き落とし予定日、引き落とし額などが正確にわかりますから、あとはお金が不足にならないか、口座の残高をチェックすればOK。残高照会も、最近はオンラインでいつでもできますから、引き落とし額がわかったら、すぐに確認することができます。

 

カード会社からのお知らせは、以前は書類で郵送されていましたが、最近はペーパーレスが進んで、メールでお知らせすることが多くなってきましたね。

 

ただ、せっかくのお知らせメールも、他のメールにまぎれて見逃してしまうと意味がありませんから、カード会社からのメールは別アドレスにするなど、見逃さないくふうも大切ですね。

 

支払い方法のリスケジュールを行う

これは、残高不足というよりも、延滞扱いにならないための予防策です。

 

クレジットカードの再引き落とし日が迫っているのはわかっているけれど、諸事情あって、今は請求額を支払うだけの余裕がない、そんなこともありますよね。

 

そんな場合は支払いのリスケジュールを相談してみましょう。リスケジュールというのは「reschedule」、つまりスケジュールの変更、ということで、そこからローン返済の延期、という意味もあります。

 

カード会社のカスタマーセンターに電話をして、クレジットカードの支払いができないので、リスケジュールできませんか? と率直に言いましよう。リスケジュールは、分割払いやリボ払いに変更するのが一般的です。

 

クレジットカードのリスケジュールは、基本的にはキャッシングの支払いにかんして行われるものです。もしかしたら、ショッピングのリスケジュールはすんなり話が進まないかもしれません。ただ、クレジットカード会社としても、未納になるよりは、少しずつでも支払ってもらった方がありがたいので、多くの場合は了解してくれると思います。

 

会社の方にマニュアルがあるかもしれませんが、一応、月々どのくらいなら支払うことができるか、事前に目安を考えておくといいでしょう。

 

リスケジュールの相談で大切なポイントは、少なくともクレジットカードの再引き落とし日の前に連絡することです。再引き落とし日のあとでリスケジュールをして引き落とされたとしても、その月は延滞の扱いになってしまいます。

 

手続きに少し時間がかかる場合も考えられますから、支払いが難しいことがわかったら、できるだけ早く連絡しましょう。

 

銀行・消費者金融リスト

想定外の出費が重なり、クレジットカードの残高が不足しそう。考えていたよりも引き落とし額が多くなってしまった。などなど、口座の残高が足りない場合は、カードローンを利用するのもひとつの手です。

 

たとえば、テレビCMでもおなじみの新生銀行カードローン レイクでは、はじめての方は30日間無利息 or 5万円まで180日間無利息という2つの無利息ローンからお選びいただけます。返済方法は、レイク店舗はもちろん、自分の金融機関口座からの自動での引き落としも可能になっています。

 

 

おすすめの銀行カードローン・キャッシングはこちら

 

 

プロミス

プロミスは、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスだから、はじめてキャッシングする人も安心!しかも、はじめての人なら30日間無利息なので(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)、とりあえずクレジットカードの残高不足対策をしたいという方におすすめです。

 

実質年率は4.5%〜17.8%。来店不要、インターネットで即日融資も可能です。なお、借り入れや返済は、三井住友銀行のほか、セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM設置のあるファミリーマートほかコンビニでできますので、身近にありますね!

 

モビット

三井住友銀行グループに、モビットがあります。こちらの金利は3.0%〜18.0%、30日間無利息もありません。

 

やはりテレビCMで高い知名度を誇りますので、モビットに親しみを感じるという方は、こちらを選んでもよいでしょう。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

暮らしに役立つリンク集

レディースローンのメリット|女性のためのキャッシングBOOK

オペレーターも女性だから、借りるときも安心。レディースローンは、お金に困ったとき、女性の強い味方です。
http://www.sterntalk.net/

引越し見積もり訪問

引っ越しの見積もり訪問で、値下げ交渉をするポイントが満載!
xn--68j9dya6678alhkty3bnkwpdb93q.com