JCBやVISAの引き落とし日と時間

JCBやVISAなどカードは、締め日と引き落とし日が異なる

マスターカード

 

JCBやVISAなどのクレジットカードの支払いは銀行からの自動引落しで行われます。そのためカードを手に入れるためには銀行口座が必要になります。銀行口座は基本的には日本の銀行であれば、どこでも良く、ゆうちょや信用金庫、JAなどの口座も利用することができます。

 

引き落とし日については信販会社によって異なり、また請求される金額も締め日によって計算されます。

 

締め日の多くは、毎月の末日のところが多い傾向にありますが、そのほか、毎月の5日、10日、15日、20日などがあり、近年では自分で設定することが可能なクレジットカードもあります。

 

JCBやVISAの場合は15日を締め日としています。引き落とし日は、多いのが締め日の翌月の10日や27日。ただし、一部ですが引き落とし日が翌々月に設定されていたり、または自分で設定できる場合もあります。

 

いずれにしても、これらの引き落とし日は給料日の前後になるように設定されており、支払いが滞らないようにくふうされています。

 

JCBやVISAは翌月10日が引き落とし日に設定されています。ただし引落し時間に関しては、金融機関によって異なるため、引き落とし日の前日までに必要なお金を入金しておく必要があります。

 

引落し時間を知りたい場合には引落しを設定している金融機関に問い合わせれば教えてもらうことができます。

 

 

残高不足で、JCBやVISAの引き落としがピンチの時は、こちらのページで書いた記事を参考にしてみてください。

 

 

なお、引落しは通常1回だけではなく複数回設定されているケースがあり、基本的には引き落とし日の営業開始直後と営業終了後の2回処理されます。

 

またその翌日の営業開始直後にも行われるケースがありますが、信販会社によって異なるため、当日入金して引落し処理がされていない場合には支払いが完了していない場合があり、確認をする必要があります。

 

支払いが正常に行われなかった場合には指定された予備日に再び引落しの処理を行ってもらうか、送付される振込用紙を利用して入金するという方法が行われます。

 

JCBとVISA、再引き落とし日はいつ? もしも過ぎてしまったら?

銀行ATM

 

JCBとVISAは、それぞれ発行会社や引き落とし日によって再引き落とし日が違います。ご自身のカードがどんな設定になっているかを確認してみてください。

 

JCB

JCBカードは、カードの発行会社によって対応が異なります。

 

発行が株式会社JCBの場合

再引き落とし日については、JCBのホームページで確認することができますが、ちょっとややこしいのは、どこの銀行から引き落とすかによって、再引き落とし日が異なることです。

 

例)

  • 三井住友銀行……月末まで毎営業日引き落とし処理を行う
  • ゆうちょ銀行……毎月26日
  • 千葉銀行……毎月21日

 

JCBのホームページに一覧表が載っていますので、口座を持っている銀行を探して確認してください。

 

ちなみに、各銀行のページでは、引き落とし日の当日にいつまでに入金すれば遅延にならないか、具体的な時刻も載っています。これはとても珍しいですね。

 

株式会社JCB以外の企業が発行会社である場合

カード裏面に記載されているカード発行会社に、電話で問い合わせください。こちらの場合も、銀行ごとに再引き落とし日が異なる可能性がありますね。

 

どちらの場合も、入金が確認できないまま再引き落とし日が過ぎると、督促のハガキが届きます。ハガキの指示に従って振り込みましょう。

 

VISA

上で述べたように、VISAは基本的には毎月10日が引き落とし日ですが、手続きをすれば毎月26日を引き落とし日に変更することも可能です。10日の方と26日の方とでは、再引き落とし日も異なってきます。

 

10日の場合
  • 三井住友銀行、みずほ銀行……月末まで毎営業日に再引き落とし処理を行います。
  • 三井住友・みずほ以外の銀行……三井住友VISAカードのホームページで確認ができます。その月の20日に設定している銀行が多いですね。
  • ホームページに載っていない銀行……カスタマーセンターに電話をして確認してください。

 

26日の場合
  • 三井住友銀行、みずほ銀行……翌月の15日まで、毎営業日に再引き落とし処理を行います。
  • 三井住友・みずほ以外の銀行……三井住友VISAカードのホームページで確認ができます。基本的に翌月の5日に設定されているようです。
  • ホームページに載っていない銀行……カスタマーセンターに電話をして確認してください。

 

引き落とし日が10日の場合は、ホームページ上で再引き落とし日を確認できる銀行はかなり多いですが、26日引き落とし日の方は、ホームページで確認できる銀行はあまり多くありません。

 

VISAカードを利用するときは、口座を三井住友銀行かみずほ銀行に設定するか、または引き落とし日を10日に設定しておくと、残高不足になった場合に利便性が良いことになりますね。

 

再引き落とし日を過ぎてしまったら、カスタマーセンターに電話をするか、後日郵送される督促状の案内に従って、指定の口座に振込みを行います。

クレジットカードのメリットについて

JCBやVISA、マスターカードなどのクレジットカードは、商品を購入するさいに代金を信販会社などが肩代わりし、後日に利用者がその代金を信販会社に支払うという仕組みのものです。支払いは、一括払いのほか分割払いも可能であり、そのため高額商品を購入するさいにも使われます。

 

使用者にとってのメリットは利用者は現金を持ち歩く必要がなく、分割払いが利用できるため、日頃の買い物から高額商品の購入まで幅広く買い物に利用することができます。また、お店にとってもJCBやVISAから代金を確実に回収できるメリットがあります。