クレジットカードの強制解約

クレジットカードの強制解約の通知と再契約。ローンはどうなる? 他のカードの申込みへの影響は?

クレジットカード

 

クレジットカードの強制解約とは、クレジット会社の都合で一方的にカードを解約することです。一般的に、契約は両者の同意がないと勝手に解約はできません。この例外となるので、強制解約にはそれなりの理由があることになります。

 

一般的に、一方の都合で契約を強制的に解除するには、契約者に重大な契約違反があることが必要になります。重大な契約違反とは、次のようなものがあげられます。

 

  • 3ヶ月以上の長期延滞
  • 自己破産などの債務整理
  • カードの不正利用
  • 詐欺

 

これ以外にも、利用規約に違反する重大な問題があった場合には強制解約されられることがあります。

 

強制解約となると、契約がなかったことになるので、分割払いの権利は失われ、未払いで残っているローンなどは一括返済しなければなりません。クレジットカードの場合、ショッピング枠とキャッシング枠の利用残高がすべて一括で請求されることになります。

 

ある日突然解約の通知が来ることもありますが、一般的には強制解約をされる前に予告通知が届きます。2ヶ月延滞していると、「これ以上延滞を続けると強制解約となります」というような内容の通知が届きます。

 

再契約と、ほかのカードの申込への影響

一度カードを解約された後の再契約までの期間ですが、クレジット会社によります。5年以上経過してから申し込むと審査に通過したというケースもありますが、いつまでも社内記録に残っていてずっと審査に通らないということもあります。

 

大手の通販会社などは信用情報にとても厳しく、一度でもその会社で事故を起こすと再契約は難しいと言われています。審査の結果は総合的な判断で決まるので、年収が高く、安定した収入を得ている場合などには例外もあるでしょう。

 

他のカードの申込みにも影響することがあります。強制解約をされた理由が長期延滞である場合、個人信用情報に異動の記録がついているので、およそ5年〜7年間は他のカードの審査にも通らなくなります。

 

延滞以外の理由で強制解約となった場合は、個人信用情報機関によって扱いが異なります。異動という記録はされなくても、強制的にカードが解約されたという情報が残る場合があるので、審査に全く影響しないということはないでしょう。