残高マイナス

残高マイナスの理由と対処方法

銀行の通帳を見たら残高がマイナスに!その秘密は、銀行の「総合口座」の、とある機能にあります。以下に詳しく、残高マイナスの理由と対処方法についてまとめています。

総合口座の通帳

 

多くの人にとって欠かすことのできないライフラインの一種である銀行の預金口座。給与振込みや公共料金の自動引落などを中心として、家計の管理を効率的に行うためには欠かすことのできないものですよね。

 

キャッシュカードの機能の充実や、大型施設へのATMの設置などが進み、その利便性はますます高くなっていると考えることができます。

 

近年、主流となっている預金通帳の形態が総合口座と呼ばれるタイプの通帳となります。

 

これは普通預金に加えて定期預金や積立預金などが同じ通帳にセットされているタイプのものであり、一冊の通帳で複数の預金口座を管理できるようになっているのです。

 

自分で総合口座を選んだつもりがなくても、確かに1冊の通帳の中に定期預金欄などもありますよね。

 

さらに総合口座通帳には便利な自動融資機能が備わっています。当座貸越と呼ばれる融資システムです。

 

これは、総合口座通帳に普通預金と定期預金の口座が開設されており、定期預金に残高がある場合、定期預金を担保として一定額を自動的に融資するシステムとなっています。

 

例えば、普通預金残高を超える自動引き落としなどがあった場合、当座貸越が可能な場合は引き落とし不能となるのではなく、自動的に融資がされ自動引落をしてくれるのです。

 

クレジットカードで高額の引き落としがあり、普通預金の残高では足りない場合などもそれにあたりますね。

 

その際、融資部分は残高にマイナス表示がされます。普通預金口座の残高がマイナスとなっている場合、定期預金を担保として一定額を借りていることを意味しているのです。

 

あくまで、銀行から借りている借金ですので、残高のマイナス部分には利息が発生します。

 

自分が長期的に付き合っていくメインバンクなら、今後、住宅ローンや教育ローンなど様々な取引をしていく可能性があります。そうした際の審査などが気になるという人は、口座に早めに入金して返済し、残高マイナスの状態をを解消すると良いでしょう。

 

 

返済におすすめのキャッシング・銀行カードローンはこちら

 

 

上記ページでは、最短で即日融資も可能な、キャッシング・銀行カードローンを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。